IT技術者就活支援

新たな可能性にチャレンジ

各種資格取得支援サイトの紹介!
若年層の就労状況

若年層の失業率は全年齢と比べて高いものの着実に低下しています。

また、新規学卒者の就職率も改善が進んでいます。

一方で、就職を希望しながらも未就職のまま卒業する方もおり、また、大卒者の3割、高卒者の4割の方が、卒業後3年以内で離職している状況もあります。

また、フリーター数は180万人前後で推移しているとともに、非正規雇用に就いた理由として「正規の職員・従業員の仕事がないから」と回答されている不本意非正規の方の割合も、他の年齢に比べて若年層では高くなっています。

本人の能力(できること)に加え、本人の意思(やりたいこと)や家庭の経済力、社会の受入れ状況(有効求人倍率)などが総合的マッチングされ決定されますが、この時点で多くの人にミスマッチが生じております。

例えば、よくある実例として次の様なことが実例として非常に多いことが伺われます。

・自分のやりたいことが見つからず、アルバイトやフリーターへ逃避

・進学したいが経済的理由で断念せざるを得なかった

・就職難・就職氷河期などで希望する企業の求人状況とミスマッチ

 止むを得ず、契約社員の道へ、地方公務員、教師・教諭へ

≪有効求人倍率の推移≫

求人倍率の推移


上表のとおり、平成20年度から25年度に就職された方の中には、1を切る倍率の中から就職先を選択し、止むを得ず(妥協)就職された方は少なくありません。

現在の有効求人倍率は1をオーバーしていますので、当時は求人がなかった企業(業種)の求人が再開しているかもしれません。

再就職は新卒と異なって大変厳しい就活になりますし、さらには就職試験対策も困難になりますが、

是非、自分の夢を叶えるため、スキルアップ(各種資格の取得)にチャレンジしましょう!

自分の夢を叶えましょう!

新たな可能性にチャレンジ

◆潟tォーサイト 資格取得のための通信講座


◆潟\キュアス 技術講座専門のITEX


◆潟a[ニングハイ 日本最大級オンライン通信資格講座


◆一般社団法人日本スキンケア スキンケアアドバイザー通信講座


◆女性キャリアUP講座情報サイト"ウーモア